市役所で働く保健師の仕事内容・役割

市役所で働く保健師の仕事内容・役割

市役所で働く保健師さんの仕事内容は乳幼児健診や母親学級などの母子保健事業、大人のための健康教室の実施や健康相談、健康診断の実施などが一般的です。市民に対して健康に関する知識を広めたり、相談に応じたりするお仕事です。

 

市役所の職員という立場になりますので、健康手帳の発行や、行った健康事業の内容を記録に残しておくような事務的な作業もたくさんあります。通常の業務の合間を縫って研修や勉強会に出席し、スキルアップを図る機会もあります。

 

市役所の保健師の仕事内容と病院の看護師の仕事内容の違いは、病院では病気やけがの治療を行うのに対し、保健師は病気予防のための啓もう活動や健康増進、病気の早期発見を目的として活動しているところです。

 

赤ちゃんから高齢者まで様々な年代の方が対象になりますし、心身両面の健康に関することを扱いますので非常に幅広い専門知識が必要となります。それぞれの年代ごとの生活パターンや健康上の悩みに対する理解も必要となります。個々の家庭に訪問して指導や相談に乗ることもありますので、かなり市民生活に密着した仕事といえます。市民と直接対話し、暮らしに寄り添う活動が多いので、知識を伝える力、話を聞く力といったコミュニケーション能力が求められます。

 

市民の健康維持の手助けをしたり、早期発見を行ったりと、市民の健康を支える大切な役割を果たす市役所の保健師のお仕事です。病院にいくほどのことではなくても気がかりなことを気軽に相談できるのが保健師さんの立場です。市民と直接対話することで、手ごたえを感じられるやりがいのあるお仕事といえるでしょう。

行政保健師の求人を探す前に知っておきたい4つの対策&転職支援サービスの活用メモ


⇒トップページへ進む