市役所で働く保健師の給料・年収を他の業界で働く保健師と比較

市役所で働く保健師の給料・年収を他の業界で働く保健師と比較

市役所で働く保健師の給料は初任給で20万前後のところが多いようです。専門職として国家資格を持っているので行政職の給料より若干多めになっています。ボーナスはだいたい2.5倍程度の自治体が多く、ボーナスを含めた年収は初年度で300万から400万となります。

 

毎年一定額の昇給があるので、勤続年数が上がるにつれて給与も確実にアップしていきます。ほとんどの方が30代後半で500万円以上の年収となります。また、定年まで勤めれば退職金もでますので生涯収入としてはかなりの額になるでしょう。

 

同じ行政保健師である都道府県の保健師の収入は市役所の保健師よりも若干高い傾向にあります。公立の学校保健師は市役所の保健師と同等程度の給与であると考えてよいでしょう。ただし公立学校の保健師の場合、保健師の資格に加えて教員免許の取得が必要となるのでより難関となるのは間違いありません。私立の学校保健師は教員免許の取得は必要ありませんが、給与は学校によって格差が出ます。

 

産業保健師の場合は勤務する企業によって収入にかなり差があります。上場企業など、業績の良い会社であれば高収入が望めますが、企業によっては年収が300万円を切る保健師もいます。また、民間企業の業績は景気に左右されますので、前年よりも収入が落ちることも考えられます。

 

市役所の保健師の給与は景気に左右されにくいですし、過度な残業や夜勤もありませんので長く続けやすい職場です。産休等の制度もしっかりしていますので、子育てをしながら続けることも可能です。収入が安定していて無理なく続けられるので、長い目で見れば稼げる職場であるといえます。

行政保健師の求人を探す前に知っておきたい4つの対策&転職支援サービスの活用メモ


⇒トップページへ進む