市役所勤務の保健師の求人・採用傾向【名古屋市】

市役所勤務の保健師の求人・採用傾向【名古屋市】

名古屋市は人口200万人を超える政令指定都市であり、16区の区役所を持っています。保健師の数は人口に比例するので、名古屋市の保健師人口は全国的にもかなり多い方です。行政保健師と保健所保健師を合わせると約200名の保健師が働いています。

 

名古屋市の保健師は小学校の学区ごとに担当が定められていて、地域の人々と密接な関係を持って日々業務にあたっているそうです。健康教室などの健康推進事業を行う際は、各地域の人々が抱える健康問題を地域の役員や住民と話し合いながら活動を展開していきます。地域の人々の健康的な生活を支援するために、地域の人々の声を聴き、実態を把握して、市民の生活に寄り添いながら活動することが求められます。

 

名古屋市の保健師の募集及び採用試験の実施は名古屋市の人事委員会が行うのではなく、健康福祉局が独自に行っているようです。名古屋市の公式ホームページを見ると、人事委員会が採用にあたる行政職などの採用実績や求人倍率などは過去数年間のものが詳しく掲載されていますが保健師に関しては記載がありません。

 

行政保健師をはじめ病院保健師や産業保健師、治験コーディネーターなど保健師の活躍の場が多い名古屋市ですが、なかでも市の保健師はとても人気が高く、労働環境もよいので離職率が低いことが特徴です。欠員が出た時に不定期に募集をしている状態にあるのではないかと予想されますので、採用情報を見逃さないように情報収集に力をいれることが大切かと思います。

 

非常勤の保健師の募集もたまに行っているようです。待遇もよいようですので、まずは非常勤で実績を積むことを考えてみてもよいのではないでしょうか。

行政保健師の求人を探す前に知っておきたい4つの対策&転職支援サービスの活用メモ


⇒トップページへ進む