市役所から転職したい保健師さんにおすすめの職場

市役所から転職したい保健師さんにおすすめの職場

市役所で働いていた実績のある保健師さんであれば、他の職場でもキャリアを認められ転職に有利であると思います。
以下に主な転職先を挙げてみます。

 

産業保健師への転職

産業保健師は企業で働く労働者の健康管理や健康増進を目的として働きます。産業保健師は保健師の資格があればだれでも従事することができます。(企業によって年齢制限等の条件は異なります。)

 

産業保健師は近年増えている生活習慣病予防のための知識の普及と意識の向上を図ったり、職場のストレスからくるうつ症状の予防などが大切な仕事となります。
カウンセラーの資格を取得しておくと転職に有利になるでしょう。

 

また、市役所に勤務する保健師との大きな違いの一つに、社員のけがや急な症状の応急処置等、看護師としての対応を期待されることです。労災を減らすことは企業としてメリットが大きいからです。産業保健師に転職する場合は看護師としてのスキルが高いとなお有利になるでしょう。

 

学校保健師への転職

学校保健師には養護教諭と呼ばれる教員資格を持った保健師と、教員資格をもたない保健師がいます。公立の小中高校の学校保健師は教員資格が必要です。大学の学校保健師や私立の学校保健師であれば、必ずしも教員資格は必要ではありせん。

 

けがや熱中症、アレルギーなどの急な症状への対応が求められますし、近年うつ症状を訴える子供も増えていますので、メンタルヘルスを担う役割も求められます。学童期、思春期、青年期と成長途上にあるこどもたちの心と、体についてよく理解し対処していくことが必要となります。

 

大変ではありますが、こどもたちに頼られる学校保健師の仕事にはとてもやりがいがあり、子供たちに寄り添いながら成長を見守る喜びも得られる仕事です。市役所勤務の保健師の経験も生かせる職場です。

行政保健師の求人を探す前に知っておきたい4つの対策&転職支援サービスの活用メモ


⇒トップページへ進む