市役所の保健師採用情報ガイド

市役所の保健師採用情報を探すときに押さえておきたいポイント

倍率が高く、狭き門ということを覚悟する

各市町村の役所などで働く行政保健師は、残業が比較的少なく、さらにお給料も安定しており、転職先として人気が高いです。

 

そのため、各自治体でも採用人数に対して応募者が多く、高倍率になっている自治体が多いようです。市役所の保健師採用に関しては各自治体が独自に実施していますので、試験の日程、試験内容、試験のどの部分に採点比重を置くかなどは自治体によって異なります。採用情報をこまめにチェックしてしっかり把握しておくことが市役所の保健師さんを目指す方にとっては重要になってきます。

近隣の複数の市の採用情報をチェックしておく

一つの市が募集する保健師さんの数には限りがあるので、できれば複数の市の採用情報をチェックしておくのが望ましいでしょう。近隣地域にしか採用情報を公表していない自治体もあるようですので、採用情報の入手方法には努力と工夫が必要です。

不定期に出る臨時職員の募集も見逃さない

通常の募集に加えて、不定期に出る欠員募集を見逃さないようにすることも就職を有利にするためにはとても重要となります。まれに臨時職員の募集がでていることもあるのでまずは臨時職員として経験をつんで、本試験に備えるという手もあります。ここで得た経験が常勤職員の採用試験の面接で活かされる場合もあります。

各自治体の傾向を押さえて採用対策を練る

各自治体によって競争倍率や難易度も違います。筆記試験よりも面接に比重をおいた採点方法をとる自治体などもあり、自治体ごとに特色があることを踏まえて情報収集に努めてください。過去の採用状況や試験の内容を調べて参考にするとよいでしょう。

 

失敗のリスクを減らすために『保健師向けの転職サービス』の活用がおすすめ

最新の求人情報をいち早く手に入れ、採用対策を万全に整えるためには、転職支援サービスの活用が不可欠です。

 

まず候補として浮かぶのがハローワークですが、多種職向けのサービスなので保健師の求人は数が少なく、サポートに関しても保健師の転職活動に特化したものではありません。一般的な転職サイトなども同様です。

 

保健師の場合、保健師に特化した転職支援サービスがあるので、まずはそれを選ぶことが大切です。

 

保健師向けの転職支援サービス厳選一覧【2015年版】

1.登録・利用がすべて無料 2.厚生労働大臣の認可運営 3.プライバシーマーク取得済

 

上記の3つの条件を満たし、保健師の方が安心して利用できる転職支援サービスのみを対象に、実績や利用者満足度の最新データを元にランキング形式で紹介しています。

 

※「保健師専門」という転職支援サービスは無く、どのサービスも看護師や助産師も含めた「看護系の資格者専門」の転職支援サービスになります。登録時に保有資格を記入する欄があります。

 

※パソコンや携帯電話から登録できます。所要時間3分程の簡単な記入のみで登録完了です。

 

マイナビ看護師

利用者満足度96%以上!安心して転職活動に臨めるサポート体制

 

マイナビ看護師は一般向け転職支援でも有名なマイナビグループが運営しています。看護師・保健師・助産師を対象とした転職支援サービスの中でも最も高い評価を獲得しています。

  • 独自調査を行い、定着率の低い職場の求人は取り扱いから完全除外
  • 医療機関以外の求人も豊富(産業保健師や学校保健師など)
  • 未経験の職場にチャレンジする方へのサポートが手厚い(関連するセミナーや書籍情報の提供、入職前の準備アドバイスなど)

対応エリア:全国

公式サイト/無料登録ページ

ナースではたらこ

健診センターや人間ドック関連の求人に強い!

 

ナースではたらこは大手人材紹介会社のディップが運営しています。全国9万件以上の施設情報を扱っており、看護師・保健師向けの転職支援サービスとしては最大級の規模になっています。

  • 病院併設型の健診センターの求人が豊富
  • 人間ドックや健診を専門にしているクリニックの求人が豊富
  • 近年の楽天リサーチによる利用者満足度ランキングでは連続して1位を獲得

対応エリア:全国

公式サイト/無料登録ページ

医療ワーカー

都市部の求人紹介に強い!

 

医療ワーカーは各種メディカル系の人材紹介事業を行っているTSグループが運営している看護師・保健師向けのサービスです。都市部の求人収集・サポートに注力しているのが特徴です。

  • 利用者の90%以上が転職に成功
  • 医療業界に特化した紹介会社の運営なので、業界の最新動向に強い
  • 都市部に重点を置いているので求人紹介のスピードが早い

対応エリア:関東/東海/関西

公式サイト/無料登録ページ

転職支援サービスの上手な活用法

使い方は自由!無料なので目的に応じて気軽に利用する

実は、転職支援サービスに登録している看護師や保健師の中で転職活動中の方は全体の40%程です。残りの60%は、将来的な転職の可能性を見越して登録している方、情報収集や就業相談のために利用している方、良い求人があったら転職しようと思っている方になっています。

 

『非公開求人』を中心に求人を探そう!

看護師・保健師向けの転職支援サービスでは、登録者のみに紹介する『非公開求人』という枠を設けています。「高収入の求人」「働きやすく条件が良い求人」「産業保健師などの希少求人」などが非公開求人になりやすいです。一般公開されている求人よりもライバルが少ないので、採用率も軒並み高くなっています。

 

今現在、行政保健師への転職を考えているという方も、他の職場も選択肢に入れながら求人を探してみてはいかがでしょうか。

 

不安を取り除くために採用サポートを最大限活用しよう!

履歴書の作成や面接のための準備は1人で進めるのはかなり大変です。でも、その点は転職支援サービスのアドバイザーにできるだけ頼るようにすれば、安心して職場選びや入職のための準備に専念できます。また、なによりもプロのサポートを受けることで、採用率アップにも繋がるので、積極的に活用していきましょう。